喧噪を離れ,ゆったりとした時間,心を満たす滞在を

県内での宿泊・日帰り旅行割引

「みえ得トラベルクーポン第3弾」

①【全日対象】税込10,000円以上の旅行商品購入で、1人1泊(1回)あたり5,000円割引
+みえ得トラベル地域応援クーポン2,000円分配布
②【全日対象】税込5,000円以上の旅行商品購入で、1人1泊(1回)あたり2,500円割引
+みえ得トラベル地域応援クーポン1,000円分配布
③【平日限定】日曜日~木曜日における、税込10,000円以上の宿泊旅行で、1人1泊あたり6,000円割引
+みえ得トラベル地域応援クーポン2,000円分配布
※③は一部の予約サイトでは、取扱いがございません。

みえ得トラベルクーポン(令和4年度第3弾)の実施について

みえ得トラベルクーポン(令和4年度第3弾)を、令和4年6月1日(水)から6月30日(木)まで実施します!
予約については、5月25日(水)以降、準備の整った事業者から順次受付を開始します。第3弾では、平日の宿泊旅行にかかる割引額を増額します。また、新たに京都府が対象となります。詳細は、以下の第3弾の概要からご確認ください。
また、みえ得トラベルクーポンの利用にあたっては、
新型コロナウイルスワクチン接種証明(3回目接種済みのもの)または検査結果の陰性証明が必要です。
必ず以下をご確認のうえ、ご利用ください。

ワクチン接種証明または検査結果の陰性証明について

・みえ得トラベルクーポンの利用にあたって、ワクチン接種証明(3回目接種済みのもの)または陰性証明(PCR検査等の検査結果通知書)等の提示が必要となります。併せて、本人確認のため利用者全員分の身分証明書の提示も必要となります。

※詳細はこちらからご確認ください。

 

対象者

三重県、愛知県、岐阜県、静岡県、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県、福井県、石川県、富山県、長野県、新潟県の居住者居住者
※第3弾から、京都府が追加になります。

相差・神あかり~石神さん夜参り~

月立ちの夜に 一つだけの願いを灯す

夜参り当日は、参道のライトアップや海女の家五左屋、オウサツキッチン0032などの夜間営業や宿泊施設のお風呂入浴なども予定しています。
日程など詳しい情報は下記ホームページよりご確認いただけます。

相差・神あかり

新型コロナ感染症対策

「安心してお過ごしいただくために」

厚生労働省による「新しい生活様式」や、ホテル、結婚式、レストランなど幅広い業種別ガイドラインを参照し、下記、衛生管理対応策、新型コロナウイルスの「飛沫感染」「接触感染」防止対応策、及び3つの密の回避対応策に取り組んで参ります。また、身分証明書の確認をさせていただいております。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

新鮮を食べる湯宿

料理旅館「大田家」は土地柄を反映した家族的な雰囲気でおくつろぎいただける宿です。
相差(おおさつ)は、三重県の伊勢志摩 南鳥羽にある素朴な漁師町です。料理旅館「大田家」は土地柄を反映した家族的な雰囲気でおくつろぎいただける宿です。
料理は、『新鮮を食べる宿』を念頭に地元産魚介類を中心に素材の味を生かしたものをお召し上がりいただきます。また、料理によく合う三重の地酒やワインも各種ご用意しております。ぜひ、「大田家」を拠点に伊勢志摩の旅をお楽しみ下さい。

ご昼食・ご夕食プラン

受付中!

ご昼食(11時から14時) お一人様

波 5,500円
海 8,800円

ご夕食(17時から21時) お一人様

波 7,700円
海 11,000円

尚、完全ご予約制(ご利用日の5日前までに要予約)
お電話のみで受付となります。

【お電話にてお問い合わせください】
除外日〜年末年始、GW、お盆

※ご予約の際はHPを見たことをお知らせください。

【お客様へ】
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を
引き続き行っております。

 

2015年リニューアルしました。

〜最上階の特等席ー展望半露天風呂付き客室〜

2008年に大浴場(男・女)玄関・フロント・ロビーをリニューアルし、2015年に全館客室をはじめ、最上階の展望半露天風呂付き客室に完成しました。的矢湾を一望でき夏には、スペイン村の花火も遠くに見えます。
大田屋は「伊勢志摩サミット」の会場まで車で約20分。伊勢神宮まで車で約35分と観光にも便利な場所にございます。

パワースポット石神さん

大田家は、パワースポット石神さんへ徒歩5分と最寄りの場所にございます。

IMG_1676

渚の広い砂浜が広がっている土地であったため、”大砂津(おうさつ)” ”大砂洲(おおさす)”呼ばれていたものが変化したという説や、相差氏という有力者がこの地方一帯を治めていたためそう呼ばれるようになったという説もあります。
神鳳抄という書物には”相佐須(おうさす)”とも記されており、貞治5年(1366年)11月以後の文書には現在の”相差”へと改められており、現在の呼び方はこの頃定着したものと考えられます。

参拝無料

若女将ブログ新着情報

大田家若女将のブログ『細腕繁盛記』と新着情報をお届けします。

宿泊施設にケーキをお届けcake.jp

特典付きホームページからの宿泊予約がお得です。お一人様500円引き