喧噪を離れ,ゆったりとした時間,心を満たす滞在を

新鮮を食べる湯宿

料理旅館「大田家」は土地柄を反映した家族的な雰囲気でおくつろぎいただける宿です。
相差(おおさつ)は、三重県の伊勢志摩 南鳥羽にある素朴な漁師町です。料理旅館「大田家」は土地柄を反映した家族的な雰囲気でおくつろぎいただける宿です。
料理は、『新鮮を食べる宿』を念頭に地元産魚介類を中心に素材の味を生かしたものをお召し上がりいただきます。また、料理によく合う三重の地酒やワインも各種ご用意しております。ぜひ、「大田家」を拠点に伊勢志摩の旅をお楽しみ下さい。

2015年リニューアルしました。

〜最上階の特等席ー展望半露天風呂付き客室〜

2008年に大浴場(男・女)玄関・フロント・ロビーをリニューアルし、2015年に全館客室をはじめ、最上階の展望半露天風呂付き客室に完成しました。的矢湾を一望でき夏には、スペイン村の花火も遠くに見えます。
大田屋は「伊勢志摩サミット」の会場まで車で約20分。伊勢神宮まで車で約35分と観光にも便利な場所にございます。

パワースポット石神さん

大田家は、パワースポット石神さんへ徒歩5分と最寄りの場所にございます。

IMG_1676

渚の広い砂浜が広がっている土地であったため、”大砂津(おうさつ)” ”大砂洲(おおさす)”呼ばれていたものが変化したという説や、相差氏という有力者がこの地方一帯を治めていたためそう呼ばれるようになったという説もあります。
神鳳抄という書物には”相佐須(おうさす)”とも記されており、貞治5年(1366年)11月以後の文書には現在の”相差”へと改められており、現在の呼び方はこの頃定着したものと考えられます。

参拝無料

若女将ブログ新着情報

大田家若女将のブログ『細腕繁盛記』と新着情報をお届けします。

特典付きホームページからの宿泊予約がお得です